丸根砦:桶狭間の戦いの前哨戦で今川方の松平元康により攻撃され落城した丸根砦【お城特集 日本の歴史】

丸根砦/アクセス・場所・地図 桶狭間の戦いの前哨戦で今川方の松平元康により攻撃され落城した丸根砦【お城特集 日本の歴史】

【城名】
丸根砦

【丸根砦の説明】
丸根砦は、名古屋市緑区にあった砦で織田信長によって築かれた。
永禄3年(1560年)の「桶狭間の戦い」では前哨戦が行われ今川義元の先方「松平元康(徳川家康)」の攻撃により陥落した。

永禄2年(1559年)に「織田信長」が今川義元への備えの前線として「鷲津砦」や「善照寺砦」とともに砦を築いた。丸根砦は平野の中の丘の上に築城されており、桶狭間の戦いでは「佐久間盛重」を将とする軍勢が立てこもったが、「松平元康」率いる今川軍に破れ全滅したと伝えられている。

丸根砦/アクセス・場所・地図 桶狭間の戦いの前哨戦で今川方の松平元康により攻撃され落城した丸根砦【お城特集 日本の歴史】

その後、今川家より独立した徳川家康と織田信長が同盟関係になったため戦略的価値を失いそのままにされた。現在の砦跡は国の史跡に指定されており、記念碑や殉難烈士の碑が立っている。その他、曲輪や堀などの遺構がのこされている。






【丸根砦・所在地・アクセス】
〒459-8001 愛知県名古屋市緑区大高町丸根16

【丸根砦マップ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る