高田城(豊後):大友義統の改易後竹中重利・松平氏が統治した高田城【お城特集 日本の歴史】

高田城(豊後)/アクセス・場所・地図 大友義統の改易後竹中重利・松平氏が統治した高田城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
高田城(豊後)

【高田城(豊後)の説明】
高田城は大分県豊後高田市玉津字本丸にあった平城である。
越後の高田城と区別するために豊後高田城と呼ばれている。

建久7年(1196年)に、大友能直に従って豊後国に下向した「高田重定」により築城されたと伝えられている。戦国時代を通じて代々大友家の家臣として仕えた。

高田城(豊後)/アクセス・場所・地図 大友義統の改易後竹中重利・松平氏が統治した高田城【お城特集 日本の歴史】

文禄2年(1593年)に「大友義統」が改易されると「竹中重利」が城主に任命され、城の改修を行った。その後、一時期細川家の領地となるが、寛永16年(1639年)に「松平重直」が豊前国の龍王陣屋から移封となり、この城を増修築して高田藩を立藩する。

高田城(豊後)/アクセス・場所・地図 大友義統の改易後竹中重利・松平氏が統治した高田城【お城特集 日本の歴史】

しかし重直が正保2年(1645年)に豊後杵築へ転封になると、高田城は廃城とされた。その後、寛文9年(1669年)に肥前島原に入封した「松平忠房」が豊前・豊後の飛地を支配するために高田城旧本丸跡に豊州陣屋を設けた。

現在の高田城跡には土塁や堀などの遺構が残されている。






【高田城(豊後)・場所・アクセス】
〒879-0606 大分県豊後高田市玉津987

【高田城(豊後)地図】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る