七戸城:九戸政実の乱で滅びた七戸家国の居城 七戸城【お城特集 日本の歴史】

七戸城/アクセス・場所・地図 九戸政実の乱で滅びた七戸家国の居城 七戸城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
七戸城

【七戸城の説明】
七戸城は青森県上北郡七戸町にあった平山城である。
南部氏初代「南部光行」の四男「朝清」が七戸地方へ移り七戸氏を名乗ったと伝えられている。

七戸城/アクセス・場所・地図 九戸政実の乱で滅びた七戸家国の居城 七戸城【お城特集 日本の歴史】

城としての築城は南北朝時代の「南部政長」により築城されたとする説と、室町時代に「南部政光」が築城したとされる説がある。戦国時代末期の天正19年(1591年)、七戸城主「七戸家国」は「九戸政実の乱」で政実方につき九戸城に籠城し九戸氏と共に滅亡した。

七戸城/アクセス・場所・地図 九戸政実の乱で滅びた七戸家国の居城 七戸城【お城特集 日本の歴史】

その後七戸領は「南部信義」の三男「南部直勝」に与えられ、七戸氏を継がせ南部藩の家老職として遇された。元禄7年(1694年)、七戸政信は盛岡藩5代藩主「南部行信」より5千石を分与され南部藩とは別家を立て、ここに七戸藩が立藩される。

七戸城/アクセス・場所・地図 九戸政実の乱で滅びた七戸家国の居城 七戸城【お城特集 日本の歴史】

文政2年(1819年)には七戸藩は6千石を加増され、都合1万1千石の大名に列することになる。幕末の「戊辰戦争」では本藩に従い「奥羽越列藩同盟」に参加するが新政府軍に惨敗し藩主「南部信民」は「信方」に当主の座を譲り隠居する。

七戸城/アクセス・場所・地図 九戸政実の乱で滅びた七戸家国の居城 七戸城【お城特集 日本の歴史】

現在の七戸城跡は「柏葉公園」として整備されており、城の遺構としては水堀や土塁、復元された東門などが存在する。

七戸城/アクセス・場所・地図 九戸政実の乱で滅びた七戸家国の居城 七戸城【お城特集 日本の歴史】






【七戸城・場所・アクセス】
〒039-2525 青森県上北郡七戸町城ノ後

【七戸城地図】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る