新井城:北条早雲に滅ぼされた三浦家最後の当主三浦道寸の居城 新井城 【お城特集 日本の歴史】

新井城/アクセス・場所・地図 北条早雲に滅ぼされた三浦家最後の当主三浦道寸の居城 新井城 【お城特集 日本の歴史】

【城名】
新井城

【新井城の説明】
新井城は神奈川県三浦市の三浦半島の先端あった断崖絶壁の城である。
築城時期は不明だが鎌倉時代後期に滅びた三浦氏宗家の後、相模三浦氏を興した「佐原盛時」が築城したとされている。

新井城/アクセス・場所・地図 北条早雲に滅ぼされた三浦家最後の当主三浦道寸の居城 新井城 【お城特集 日本の歴史】

戦国時代初期「三浦時高」には実子がなく、扇谷上杉氏から「義同(道寸)」を養子として迎えた。しかし、その後「時高」に実子「高教」が生まれたため道寸は一時期実家である上杉氏へ戻っている。

新井城/アクセス・場所・地図 北条早雲に滅ぼされた三浦家最後の当主三浦道寸の居城 新井城 【お城特集 日本の歴史】

明応3年(1494年)9月、道寸は小田原城の大森氏の支援を受けて「時高」「高教」親子を滅ぼし三浦家当主の座に就いた。永正9年(1512年)、北条早雲は相模統一を掲げて東進を開始し三浦氏の居城を次々と落としていった。

新井城/アクセス・場所・地図 北条早雲に滅ぼされた三浦家最後の当主三浦道寸の居城 新井城 【お城特集 日本の歴史】

そして、三浦氏最後の牙城「新井城」へと追い込まれ道寸は籠城戦を展開する。籠城すること3年あまり、ついに永正13年(1516年)新井城は落城し三浦氏は滅亡する。

新井城/アクセス・場所・地図 北条早雲に滅ぼされた三浦家最後の当主三浦道寸の居城 新井城 【お城特集 日本の歴史】

その後、北条氏の居城となり「氏綱」「氏康」へと引き継がれ、豊臣秀吉の「北条征伐」により小田原城が降伏・開城すると新井城は廃城となった。城の遺構はあまり残っておらず三崎町に「三浦道寸」の墓が残る。

新井城/アクセス・場所・地図 北条早雲に滅ぼされた三浦家最後の当主三浦道寸の居城 新井城 【お城特集 日本の歴史】






【新井城・所在地・アクセス】
〒238-0225 神奈川県三浦市三崎町小網代1024

【新井城マップ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る