山上城:北条氏康の攻撃で落城した山上道及の居城 山上城【お城特集 日本の歴史】

山上城/アクセス・場所・地図 北条氏康の攻撃で落城した山上道及の居城 山上城【お城特集 日本の歴史】

2/5 (1)

【城名】
山上城

【山上城の説明】
山上城は群馬県桐生市新里町山上にあった平山城である。
藤原秀郷の後裔とされる「山上高綱」が鎌倉時代に築城したのが始まりとされている。

山上城/アクセス・場所・地図 北条氏康の攻撃で落城した山上道及の居城 山上城【お城特集 日本の歴史】

室町時代に関東管領山内上杉氏の重臣となり由良氏、桐生氏などと重要な役割を果たした。しかし、戦国時代に入ると上州は上杉謙信や武田信玄、さらには北条氏康が争う紛争地帯となる。

山上城/アクセス・場所・地図 北条氏康の攻撃で落城した山上道及の居城 山上城【お城特集 日本の歴史】

上杉謙信が関東へ進出すると山上城は落城し、謙信が去るとまたしても北条氏が攻めとるという構図が続いた。弘治元年(1555年)、山上城は「北条氏康」の攻撃を受け落城し、城主「山上道及(氏秀)」は下野国「佐野泰綱」のもとへと落ちて行った。

山上城/アクセス・場所・地図 北条氏康の攻撃で落城した山上道及の居城 山上城【お城特集 日本の歴史】

その後は上杉謙信と北条氏との間で山上城をめぐって激しい対立が続くが、一時期は金山城の「由良国繁」の支城になっていたこともあるようだ。天正18(1590年)、豊臣秀吉が北条征伐の軍を起こすと北条氏は滅亡し、このとき山上城も廃城になったと考えられている。

山上城/アクセス・場所・地図 北条氏康の攻撃で落城した山上道及の居城 山上城【お城特集 日本の歴史】

なお、山上道及は佐野氏に内紛が起こると「豊臣秀吉」に仕えるが秀吉の死後は上杉景勝のもとで戦った記述が残っている。現在の山上城跡は「山上城跡公園」として整備され、曲輪跡や空堀、櫓台、土塁などの遺構が残っている。

山上城/アクセス・場所・地図 北条氏康の攻撃で落城した山上道及の居城 山上城【お城特集 日本の歴史】






【山上城・場所・アクセス】
〒376-0125 群馬県桐生市新里町山上296

【山上城地図】



※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る