岩屋城:名将高橋紹運が島津忠長の大軍を一手に迎えて玉砕・落城した岩屋城【お城特集 日本の歴史】

岩屋城/アクセス・場所・地図 名将高橋紹運が島津忠長の大軍を一手に迎えて玉砕・落城した岩屋城【お城特集 日本の歴史】

※この史跡はまだ評価がありません※

【城名】
岩屋城

【岩屋城の説明】
岩屋城は福岡県太宰府市浦城にあった山城である。
築城時期は天文年間とされ、大友氏の武将「高橋鑑種」が築城したと伝えられており「立花山城」と共に大友家の筑前支配の重要な拠点であった。

岩屋城/アクセス・場所・地図 名将高橋紹運が島津忠長の大軍を一手に迎えて玉砕・落城した岩屋城【お城特集 日本の歴史】

大友氏21代当主「大友宗麟」は数々の素行が目立ち、高橋鑑種は大友氏から離反する。これに激怒した宗麟は鑑種を追放し「吉弘鑑理」の二男「鎮種」が高橋氏の名跡を継いで「高橋鎮種(高橋紹運)」と名乗り宝満城・岩屋城の城主となった。

岩屋城/アクセス・場所・地図 名将高橋紹運が島津忠長の大軍を一手に迎えて玉砕・落城した岩屋城【お城特集 日本の歴史】

天正13年(1585年)、立花山城主「立花道雪」が死去すると、紹運の長男「統虎(立花宗茂)」が道雪の養子として立花山城主となり、次男の「高橋統増」が高橋家の本城である「宝満城」に入城し、紹運自身は岩屋城に入り筑前支配を強めた。

※宝満城跡



天正14年(1586年)7月、薩摩・大隅から領地を拡大していた島津義久・義弘兄弟はついに筑前国にまで迫ってきた。紹運親子は各城へ籠城し、島津忠長・伊集院忠棟らの兵2万が最前線の岩屋城への攻撃を開始。紹運は降伏・勧告を何度も退け、ついに城兵約700名は全て玉砕した。紹運自身も城と共に自刃して果てた。

岩屋城/アクセス・場所・地図 名将高橋紹運が島津忠長の大軍を一手に迎えて玉砕・落城した岩屋城【お城特集 日本の歴史】

この攻防戦により島津軍は多大な損害を受け、体制を整えるためその後方の「立花山城」への攻撃が遅れてしまう。その間、豊臣秀吉の軍約20万が九州へと上陸し、ついに島津軍は撤退を余儀なくされた。

岩屋城/アクセス・場所・地図 名将高橋紹運が島津忠長の大軍を一手に迎えて玉砕・落城した岩屋城【お城特集 日本の歴史】

同年、島津氏は薩摩・大隅国まで追い詰められついに豊臣秀吉に降伏した。最後まで主家に従った高橋紹運の名声は現代に至るまで高まり、岩屋城跡近くに紹運の墓が建立する。

岩屋城/アクセス・場所・地図 名将高橋紹運が島津忠長の大軍を一手に迎えて玉砕・落城した岩屋城【お城特集 日本の歴史】

「屍をば岩屋の苔に埋みてぞ 雲居の空に名をとどむべき」
紹運が高櫓の扉に書き残したとされる辞世の歌である。






【岩屋城・場所・アクセス】
福岡県太宰府市観世音寺字大浦谷

【岩屋城地図】



※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

みんなの史跡評価ランキング

1 泉岳寺:浅野内匠頭以下赤穂浪士47名が眠る東京都港区の泉岳寺【日本の歴史 写真集(寺)】
5/5 (2)
2 大阪城:大阪冬の陣・夏の陣にて淀君・豊臣秀頼が自刃!豊臣秀吉が築城した大阪城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
3 金沢城:前田利家・前田利長の居城加賀100万石 日本三大庭園兼六園で有名な金沢城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
4 荒砥城:村上義清の一族で葛尾城の支城 山田国政の居城 荒砥城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
5 松山城:加藤嘉明により築城 国指定重要文化財の連立式天守が美しい伊予松山城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
6 松前城:戊辰戦争で榎本武揚の旧幕府軍と交戦 新撰組にも攻撃された松前城(福山城)【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
7 津山城:織田信長の小姓森3兄弟(蘭丸・坊丸・力丸)の末弟 森忠政が居城 津山城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
8 二条城二ノ丸御殿:国宝 ユネスコ世界文化遺産の二条城二の丸御殿(遠侍と車寄)【日本の歴史 お城特集】
5/5 (1)
9 姫路城:白壁が美しい白鷺城 ユネスコ世界遺産 現存天守国宝 姫路城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
10 勝瑞城:阿波三好氏の重要な拠点で三好実休が細川持隆から奪取した勝瑞城 【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る