赤尾木城(種子島城):種子島氏が代々治めた鉄砲伝来の地 赤尾木城【お城特集 日本の歴史】

赤尾木城(種子島城)/アクセス・場所・地図 種子島氏が代々治めた鉄砲伝来の地 赤尾木城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
赤尾木城(種子島城)

【赤尾木城(種子島城)の説明】
鎌倉時代初期、平清盛の孫「平行盛」の遺児が「北条時政」の養子となり「北条時信」と名乗り種子島に入ったのが種子島氏の始まりとされている。赤尾木城の築城時期は不明だが、6代当主「時充」の頃に「種子島氏」と称した。

赤尾木城(種子島城)/アクセス・場所・地図 種子島氏が代々治めた鉄砲伝来の地 赤尾木城【お城特集 日本の歴史】

応永15年(1408年)8代当主「清時」は薩摩守護の「島津元久」より屋久島を与えられる。そして、天文12年(1543年)14代「時堯」の時代にポルトガルより鉄砲が伝来する。その後も島津氏に従い続け、文禄4年(1595年)に行われた「太閤検地」に伴い薩摩国知覧へ移封される。

※種子島時堯銅像
赤尾木城(種子島城)/アクセス・場所・地図 種子島氏が代々治めた鉄砲伝来の地 赤尾木城【お城特集 日本の歴史】

慶長3年(1598年)には薩摩藩の家老に任命され、代々1万石を拝領した。翌、慶長4年(1599年)には知覧から旧領の種子島に戻されて、それ以降江戸期を通じて種子島を領した。しかし当主は鹿児島(鶴丸城)への城府が義務付けられていた。

赤尾木城(種子島城)/アクセス・場所・地図 種子島氏が代々治めた鉄砲伝来の地 赤尾木城【お城特集 日本の歴史】

現在の赤尾木城跡は「榕城小学校」となっており、石垣などの遺構が残されている。

【赤尾木城(種子島城)・場所・アクセス】
鹿児島県西之表市榕城中目






【赤尾木城(種子島城)地図】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る