林城:武田信玄に攻め落とされた信濃守護大名小笠原長時の居城 林城【お城特集 日本の歴史】

林城/アクセス・場所・地図 武田信玄に攻め落とされた信濃守護大名小笠原長時の居城 林城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
林城

【林城の説明】
林城は長野県松本市にあった信濃守護小笠原氏の居城である。
長禄3年(1459年)府中小笠原家の「小笠原清宗」が築城し代々小笠原家の本拠地なった。

林城/アクセス・場所・地図 武田信玄に攻め落とされた信濃守護大名小笠原長時の居城 林城【お城特集 日本の歴史】

戦国時代に入ると諏訪上原城主「諏訪頼重」、伊奈高遠城主「高遠頼継」、木曽福島の「木曾義康」らとともに武田信玄からの攻撃に連携して備えた。まず諏訪頼重が上原城を落とされると高遠頼継も信玄に敗れ敗走する。

林城/アクセス・場所・地図 武田信玄に攻め落とされた信濃守護大名小笠原長時の居城 林城【お城特集 日本の歴史】

徐々に信濃へ進出してきた信玄の圧力に対し小笠原家家臣団は続々と降るか逃亡し「林城」は一日にして落城した。長時は京都へ逃れその後越後の上杉謙信を頼った。上杉謙信が死去すると後継者問題で「御館の乱」が勃発すると長時は会津の蘆名氏のもとへと移った。

天正11年(1583年)会津で死去。
享年70。

林城/アクセス・場所・地図 武田信玄に攻め落とされた信濃守護大名小笠原長時の居城 林城【お城特集 日本の歴史】

なお、長時の三男「小笠原貞慶」は武田家滅亡後は織田家に仕え、信長が「本能寺の変」で斃れると徳川家康に従い旧領を回復している。






【林城・所在地・アクセス】
〒390-0221 長野県松本市里山辺

【林城マップ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る