戸沢城:小野寺氏や安東氏と攻防を繰り返しいち早く豊臣秀吉に謁見した戸沢盛安の居城 戸沢城【お城特集 日本の歴史】

戸沢城:小野寺氏や安東氏と攻防を繰り返し豊臣秀吉にいち早く謁見した戸沢盛安の居城 戸沢城【お城特集 日本の歴史】

※この史跡はまだ評価がありません※

【城名】
戸沢城

【戸沢城の説明】
戸沢城は秋田県仙北市西木町上桧木内西下戸沢にあった戸沢氏の城である。
室町時代にこの城を基盤に仙北三郡の支配に乗り出し、まずは仙北三郡の北部「北浦」の統一に成功する。
その後、本城を「角館城」へと移し小野寺氏や安東氏と仙北三郡の覇権を争うことになる。

戸沢城:小野寺氏や安東氏と攻防を繰り返し豊臣秀吉にいち早く謁見した戸沢盛安の居城 戸沢城【お城特集 日本の歴史】

戦国時代の戸沢家当主「戸沢盛安」は武勇に優れ、ついに仙北三郡の統一を果たす。
ちょうどその頃、中央では豊臣秀吉が北条征伐を開始しており、盛安はいち早く秀吉に謁見し領地安堵の書状を与えられている。

しかし、盛安は北条征伐の陣中に突然病死してしまう。
盛安亡き後の戸沢家は盛安の弟「戸沢光盛」が跡を継ぎ北浦郡4万5千石のみを安堵される。

豊臣秀吉が天下統一を果たすと朝鮮出兵が開始され光盛はこれに出陣するが、その途中に姫路城にて病死してしまう。
光盛の死後、嫡男の政盛が家督を相続すると政盛は天下の情勢を見極め徳川家康に接近し始める。

関ヶ原の戦いでは東軍に属し、最上義光と共に上杉景勝と戦う。しかし上杉景勝討伐では隣国の秋田氏の勢力が拡大することを恐れ、積極的には攻勢に出なかった。関ヶ原の戦い後、この行動が家康の耳に入り政盛は常陸国松岡へ減封の上、移封となる。

戸沢城:小野寺氏や安東氏と攻防を繰り返し豊臣秀吉にいち早く謁見した戸沢盛安の居城 戸沢城【お城特集 日本の歴史】

徳川家康と豊臣秀吉の遺児「秀頼」との間で大坂の陣が勃発すると積極的に家康へ味方し、さらに家康の重臣「鳥居忠政」から婿養子を迎え譜代大名と同等の扱いを受けることになる。

その甲斐あってか出羽国山形城の最上家が改易になると角館からほど近い「新庄」への加増転封が決まり新庄6万石の城主となる。戸沢家は新庄の地を治め続け、明治維新を迎えている。






【戸沢城・所在地・アクセス】
秋田県仙北市西木町上桧木内西下戸沢

【戸沢城マップ】



※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る