天童城(天童藩陣屋跡):最上氏の一族で最上義光に滅ぼされた天童頼澄の天童城【お城特集 日本の歴史】

天童城(天童藩陣屋跡)/アクセス・場所・地図 最上氏の一族で最上義光に滅ぼされた天童頼澄の天童城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
天童城

【城の説明】
天童城は最上氏の一族の里見氏が初代とされおり、今の天童市に拠点を構えた。
このことから天童氏と名乗るようになり、以後代々栄えてきた。

一方本家である「最上義光」とは領地などで次第に争う形になり、ついに義光は「天童頼澄」の天童城へ攻撃を仕掛けた。

一時は攻撃を凌いだが執拗な義光の攻撃によりついに天童城は落城した。
落城後は廃城となっていたが、天保元年(1830年)天童へ織田信雄の末裔である織田氏が入封し明治維新まで続いた。

幕末になると天童藩は新政府軍の圧力に屈し、重臣の吉田大八を先頭に庄内藩を攻めたが逆に反撃にあい天童城は落城してしまう。

※幕末時に不運の重臣「吉田大八」像
天童城(天童藩陣屋跡)/アクセス・場所・地図 最上氏の一族で最上義光に滅ぼされた天童頼澄の天童城【お城特集 日本の歴史】

※奥羽越列藩同盟に加わる際に「吉田大八」は切腹している。

その後は苦しまぎれに奥羽越列藩同盟に加わったが形勢がかわるといち早く新政府軍に恭順・降伏している。
こうして織田氏は幕末の動乱を生き抜くことが出来たのである。

なお、天童藩の石高は2万石であった。
今はその城跡も陣屋の跡もほぼ皆無である。

【天童城アクセス・場所・地図】
〒994-0000 山形県天童市天童字城山






【天童城地図】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る