小牧山城:美濃の斎藤龍興攻略(稲葉山城)のため織田信長が拠点とした小牧山城【お城特集 日本の歴史】

小牧山城:美濃の斎藤龍興攻略のため織田信長が拠点とした小牧山城【お城特集 日本の歴史】

【城名】
小牧山城

【城の説明】
小牧山城はかつて織田信長が本拠としていた城である。
東の今川義元を討った信長は松平元康(徳川家康)と同盟を結ぶことにより、西への進撃を開始。

まずは美濃を制圧することに心血を注いだ。
当初「那古屋城」を本拠にしていた信長は次いで「清州城」へ本拠を移す。
そして本格的に美濃の斎藤家(斎藤龍興)を攻めるため美濃により近い「小牧山」に本城を移すことにする。

小牧山城:美濃の斎藤龍興攻略(稲葉山城)のため織田信長が拠点とした小牧山城【お城特集 日本の歴史】

ここから約5年にわたり美濃攻めを繰り返し、永禄10年(1567年)美濃三人衆(稲葉一鉄・安藤守就・氏家卜全)の寝返りにより稲葉山城は落城し信長の城となった。

小牧山城:美濃の斎藤龍興攻略(稲葉山城)のため織田信長が拠点とした小牧山城【お城特集 日本の歴史】

美濃攻略を成功させた信長は本城を稲葉山へ移し、これを岐阜城と命名し、小牧山城は廃城とされた。

小牧山城:美濃の斎藤龍興攻略(稲葉山城)のため織田信長が拠点とした小牧山城【お城特集 日本の歴史】

【小牧山城・場所・アクセス】
〒485-0046 愛知県小牧市堀の内1丁目小牧山






【小牧山城マップ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る