花輪城:北条氏政と結託して下総を領有した高城胤吉の居城 花輪城【日本の歴史 お城特集】

花輪城:北条氏政と結託して下総を領有した高城胤吉の居城 花輪城【日本の歴史 お城特集】

【城名】
花輪城

【城の説明】
花輪城址は、戦国期に松戸市大谷口の小金城を本拠としていた高城氏(高城胤吉)に属していた城である。

花輪城:北条氏政と結託して下総を領有した高城胤吉の居城 花輪城【日本の歴史 お城特集】

高城氏(たかぎし)は、千葉氏の属した家臣で下総国葛飾郡小金(現在の千葉県松戸市)の小金城を本拠とした国人衆で足利義明や里見義堯と北条氏政との間で勃発した国府台の戦いでは北条方に与し、その後も北条氏の他国衆として扱われている。






【花輪城址・所在地・アクセス】
千葉県流山市下花輪1358-1

【花輪城地図】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る