有岡城(伊丹城):荒木村重の説得を試みた黒田官兵衛が幽閉された有岡城【日本の歴史 お城特集】

有岡城(伊丹城):荒木村重の説得を試みた黒田官兵衛が幽閉された有岡城【日本の歴史 お城特

【城名】
有岡城(伊丹城)

【城の説明】
天正6年(1578年)荒木村重が、石山本願寺の誘いに乗り信長に背いた。
さらに、黒田官兵衛の主人「小寺政職」も荒木村重や毛利の誘いに乗り毛利方となってしまう。

官兵衛は村重の翻意を確かめるべく会いに行くが逆に有岡城の牢に幽閉されてしまった。
長期籠城の末、村重は逃亡し、最後は織田信長に降伏したが村重の一族は皆殺しにされることとなる。

ちなみに有岡城の以前の名前は「伊丹城」である。






【有岡城(伊丹城)・所在地・アクセス】
兵庫県伊丹市伊丹2丁目

【城地図】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る