小谷城:織田信長に滅ぼされた浅井長政・久政親子 浅井家三代の山城 小谷城【お城特集 日本の歴史】


【城名】
小谷城

【城の説明】
小谷城は現在の滋賀県長浜市湖北町にあった浅井亮政・久政・長政の浅井3代にわたって居城とした城である。小谷山の中腹を中心に築かれた城で、本丸・京極丸などの連郭曲輪や多くの石垣・土塁から形成された巨大な山城であった。

小谷城:織田信長に滅ぼされた浅井長政・久政親子 浅井家三代の山城 小谷城【お城特集 日本の歴史】

戦国時代に初代「亮政」が近江守護の京極家からその座を奪い、織田信長に滅ぼされた3代目「長政」に至るまでこの地を治めた。長政は信長の妹「お市」を妻とし、織田家と浅井家は姻戚関係にあったが、信長が浅井家の同盟国「朝倉氏」を無断で攻めたことで手切れとなった。

小谷城:織田信長に滅ぼされた浅井長政・久政親子 浅井家三代の山城 小谷城【お城特集 日本の歴史】

その後、「姉川の戦い」やたび重なる攻防戦の末浅井家は滅びた。この浅井攻めに功績のあった「羽柴秀吉」が浅井家の旧領を褒美として配領したが、秀吉は交通の便の悪い小谷城を廃城とし、新たに琵琶湖湖畔の長浜という地に城を築いた。

現在の小谷城は土塁・曲輪・石垣などが残されており、国の史跡に指定されている。また、日本100名城49番にも選定されている。






【小谷城・所在地・アクセス】
〒529-0312 滋賀県長浜市小谷郡上町139

【小谷城地図】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る