真武根陣屋:幕末時は藩主林忠崇自ら遊撃隊として戊辰戦争に参加した請西藩陣屋跡【お城特集 日本の歴史】


【城名】
真武根陣屋(請西藩)

【城の説明】
真武根陣屋は現在の千葉県木更津市にあった請西藩1万石(林家)の陣屋跡である。林家は「徳川家斉」が11代将軍に就任すると、時の当主「林忠英」が小姓として出仕する。忠英は将軍の寵臣となり側用人や若年寄などを歴任し徐々に立身、ついに一万石の知行となり、初めて大名として認められた。

真武根陣屋:幕末時は藩主林忠崇自ら遊撃隊として戊辰戦争に参加した請西藩陣屋跡【お城特集 日本の歴史】

真武根陣屋:幕末時は藩主林忠崇自ら遊撃隊として戊辰戦争に参加した請西藩陣屋跡【お城特集 日本の歴史】

この時は木更津の海岸近くの貝淵に陣屋を設けて「貝淵藩」が成立する。その後、徳嘉永3年(1850年)に貝淵藩は木更津の高台へと陣屋(真武根陣屋)を移し「請西藩」と呼ばれるようになる。江戸時代末期に戊辰戦争が勃発すると薩長を主力とする新政府軍に対抗するべく、藩主「林忠崇」は旧幕府軍からなる遊撃隊に自ら参加。房総半島や北関東などを転戦した後、仙台にまで辿り着きここで降伏した。

真武根陣屋:幕末時は藩主林忠崇自ら遊撃隊として戊辰戦争に参加した請西藩陣屋跡【お城特集 日本の歴史】

なお、「請西藩」は幕末に存在する藩の中で唯一改易された藩であり、最後まで徳川幕府への忠義を貫いた藩として知られている。






【真武根陣屋(請西藩)・場所・アクセス】
千葉県木更津市請西字間船台1319-21

【真武根陣屋(請西藩)地図】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る