高瀬藩(熊本藩支藩)/細川家3万5千石:細川利永 幕府に従順だったが無事に幕末を乗り切った高瀬藩【幕末維新写真館】

高瀬藩(熊本藩支藩)/場所・アクセス・地図 細川家3万5千石:細川利永 幕府に従順だったが無事に幕末を乗り切った高瀬藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
高瀬藩(熊本藩支藩)

【説明】
肥後新田藩は熊本藩の支藩で、寛文6年(1666年)熊本藩3代藩主「細川綱利」の弟「細川利重」が熊本藩の蔵米より3万5千石を分与され立藩した。江戸鉄砲洲に住み参勤交代を行わない定府大名であった。

元治元年(1864年)4月、神田橋御門番の警備を、慶応元年(1865年)7月には佃島砲台警備などを務めた。慶応4年(1868年)に藩庁を高瀬町奉行所に移設し、これにより高瀬藩と改称した。明治2年(1869年)、同族の宇土藩と共に大原口警護を務めた。

明治3年(1870年)玉名郡岩崎村(玉名市)に正式な陣屋が完成しそこに移った。しかし、同年には熊本藩に合併し廃藩となった。

【場所・アクセス・地図】
〒865-0016 熊本県玉名市岩崎








※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る