平戸新田藩(平戸藩支藩)/松浦家1万石:松浦脩 新政府の要請により上洛し恭順【幕末維新写真館】

平戸新田藩(平戸藩支藩)/場所・アクセス・地図 松浦家1万石:松浦脩 新政府の要請により上洛し恭順【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
平戸新田藩(平戸藩支藩)

【説明】
平戸新田藩は平戸藩の支藩で、藩庁は館山(長崎県平戸市)に陣屋を構えた。平戸館山藩とも言われている。元禄2年(1689年)、平戸藩5代藩主棟の弟「昌」が1万石を分与され平戸新田藩が立藩された。

文久3年(1863年)3月15日、幕府から本藩とともに対馬藩の支援を命じられる。同年8月、上洛し、孝明天皇に拝謁し、元治元年(1864年)7月には従五位上に昇進する。明治元年(1868年)10月、新政府による諸藩上洛の命が下るが、病気のために息子「豊」を上洛させることで新政府から許可された。

明治3年(1870年)9月に本家の平戸藩と合併したため、平戸新田藩は廃藩となった。

【場所・アクセス・地図】
〒859-5152 長崎県平戸市鏡川町12








※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る