東蓮寺藩(福岡藩支藩)/黒田家4万石:黒田長寛 子がなく無嗣断絶となり廃藩 【幕末維新写真館】

東蓮寺藩(福岡藩支藩)/場所・アクセス・地図 黒田家4万石:黒田長寛 子がなく無嗣断絶となり廃藩【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
東蓮寺藩(福岡藩支藩)

【説明】
東蓮寺藩(直方藩)は、福岡藩の支藩として藩庁は東蓮寺(福岡県直方市)に置かれ陣屋が置かれた。第1次東蓮寺藩は元和9年(1623年)、黒田長政の四男「黒田高政」が福岡藩より4万石を分与され立藩した。3代「長寛」の時代の延宝3年(1675年)この地が直方と改称され東蓮寺藩も直方藩と改称する。延宝5年(1677年)、長寛は実父の福岡藩3代藩主「光之」の後継者となり東蓮寺領を本藩に返還した。その後、長寛は福岡藩4代藩主「黒田綱政」となった。

第2次立藩は元禄元年(1688年)、光之の四男「黒田長清」が5万石を分与されたことにより成立した。長清の嫡子「長好」は福岡藩5代藩主「宣政」に子がなかったため養嗣子(福岡藩6代藩主継高)となった。享保5年(1720年)長清が没し、長好に子が無かったため東蓮寺藩は廃藩となり、所領は福岡藩に返納された。

【場所・アクセス・地図】








※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る