大洲藩/加藤家6万石:加藤泰秋 早くから勤王の藩として鳥羽伏見の戦いにも参戦した大洲藩【幕末維新写真館】

大洲藩/場所・アクセス・地図 加藤家6万石:加藤泰秋 早くから勤王の藩として鳥羽伏見の戦いにも参戦した大洲藩【幕末維新写真館】

【藩名】
大洲藩

【説明】
江戸時代初期の大洲は「藤堂高虎」の所領であり、大洲城主として丹羽長秀の子で高虎の養子の「藤堂高吉」が在城した。慶長13年(1608年)、高虎は伊勢国津藩に転封となったが、大洲の地は高虎預かりのままだった。同年9月になり、淡路国洲本藩より「脇坂安治」が5万3千石で入封し、大洲藩が立藩した。2代安元は元和3年(1617年)、脇坂家は信濃国飯田藩に転封となり、同年、「加藤貞泰」が伯耆国米子藩より6万石で入封した。

大洲藩/場所・アクセス・地図 加藤家6万石:加藤泰秋 早くから勤王の藩として鳥羽伏見の戦いにも参戦した大洲藩【幕末維新写真館】

元和9年(1623年)、貞泰が跡目の届け出をしないまま急死したが、長男の「泰興」が将軍「徳川秀忠」に御目見し、相続を認められた。その際、弟の泰但(直泰)は1万石分与の内諾を得て新谷藩が成立した。これがきっかけとなり寛永16年(1639年)までお家騒動が続き、結局内分分知ということで決着した。

大洲藩/場所・アクセス・地図 加藤家6万石:加藤泰秋 早くから勤王の藩として鳥羽伏見の戦いにも参戦した大洲藩【幕末維新写真館】

大洲藩には好学の気風があり、好学・自己錬成を藩風とした。初期の大洲藩からは儒学者の「中江藤樹」が出ている。大洲藩は勤王の気風が強く、幕末期には早くから勤王で藩論が一致されていた。このため勤王藩として、慶応4年(1868年)の「鳥羽・伏見の戦い」では攝津西宮へ長州藩兵を隠密に上陸させたりと尽力した。

大洲藩/場所・アクセス・地図 加藤家6万石:加藤泰秋 早くから勤王の藩として鳥羽伏見の戦いにも参戦した大洲藩【幕末維新写真館】

「坂本龍馬」が運用したことがある蒸気船「いろは丸」は大洲藩の所有であり、海援隊に貸与していたものである。その後、藩内で武成隊を結成し甲府城警備や奥羽討伐などに参戦し、新政府側に与して貢献した。明治天皇の東京行幸(事実上の遷都)では行幸行列の前衛を務めた。

大洲藩/場所・アクセス・地図 加藤家6万石:加藤泰秋 早くから勤王の藩として鳥羽伏見の戦いにも参戦した大洲藩【幕末維新写真館】

明治4年(1871年)7月14日、廃藩置県により、旧大洲藩領を管下とする大洲県(草高6万石、現石3万476石余)が設置され、同時に加藤家は華族に列した。同年11月15日には大洲県が廃止され、旧宇和島県、旧吉田県、旧新谷県と合併して新たな宇和島県が設置された(本庁・宇和島、支庁・大洲)。その後、神山県を経て愛媛県に編入された。

大洲藩/場所・アクセス・地図 加藤家6万石:加藤泰秋 早くから勤王の藩として鳥羽伏見の戦いにも参戦した大洲藩【幕末維新写真館】

明治17年(1884年)、華族令により大洲加藤家は子爵を授爵された。

【場所・アクセス・地図】






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る