長府藩(長州藩支藩)/毛利家5万石:毛利元敏 下関戦争や戊辰戦争を本藩と共に戦った長府藩【幕末維新写真館】

長府藩(長州藩支藩)/場所・アクセス・地図 毛利家5万石:毛利元敏 下関戦争や戊辰戦争を本藩と共に戦った長府藩【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
長府藩(長州藩支藩)

【説明】
「関ヶ原の戦い」の後に「毛利輝元」が112万石から周防・長門の2か国29万8千石に減封された際に、輝元は東の守りとして岩国に「吉川広家」を置き、西の守りとして改めて長門国豊浦郡(山口県下関市)に毛利秀元を配置し長府藩5万石を立藩した。

幕末には本家長州藩が、下関を直轄領にしようとしたため対立したが後に和解している。異国船対策にも奔走し、それまでの長府藩の政庁であった櫛崎城(長府陣屋)が海に面しているという理由で、文久4年(1863年)から勝山御殿に政庁を移した。元治元年(1864年)の下関戦争における4カ国連合艦隊との戦いにも参加している。

戊辰戦争では長州本藩とともに各地を転戦したしかし、維新後に叙爵された際には、明治維新の功績に伴わず子爵どまりであった。これは明治天皇の叔父にあたる「中山忠光」が長府藩に亡命していたときに暗殺されたことで、明治天皇が伯爵への叙爵を渋ったと言われている。

明治2年(1869年)の版籍奉還で「毛利元敏」は長府藩知事となり、この時、藩名を豊浦藩と改名する。明治4年(1871年)7月の廃藩置県で免官されて東京へ移った。同年の岩倉使節団に同行してアメリカへ留学する。使節団同行者には岩倉具視、木戸孝允、大久保利通、伊藤博文、山口尚芳、佐々木高行、山田顕義、田中光顕、田中不二麿などの要人のほか、元敏のような旧大名家・公家の子弟、岩倉具綱(具視の養子)、大久保彦之進、牧野伸顕、山県伊三郎等が参加している。鍋島直大、前田利嗣、前田利同、黒田長知、鳥居忠文、大村純煕らも参加していた。

なお、廃藩置県で豊浦県となり、山口県へ併呑されている。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る