岡田藩/伊東家1万343千石:伊東長寿 いち早く新政府に帰順し備中松山藩の討伐にも加わった岡田藩【幕末維新写真館】

岡田藩/場所・アクセス・地図 伊東家1万343千石:伊東長寿 いち早く新政府に帰順し備中松山藩の討伐にも加わった岡田藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
岡田藩

【説明】
藩主家の伊東氏は日向国飫肥藩主の伊東氏と同族である。藩祖「伊東長実」は豊臣秀吉・秀頼に仕えて「大坂の陣」まで豊臣氏の家臣であった。関ヶ原の戦いに際し、上方での石田三成挙兵の報をいち早く「徳川家康」に伝えたとされる。「大坂の陣」では子の長昌と「豊臣秀頼」に従い家康に敵対し、大坂城に籠城するも戦後許されている。元和元年(1615年)、備中国下道郡・美濃国池田郡・摂津国豊島郡・河内国高安郡の各郡内にて1万343石を与えられ岡田藩を立藩した。

慶応4年(1868年)1月23日、新政府の要請に応じて上洛し新政府支持の姿勢を示す。戊辰戦争が勃発すると岡山藩と共に新政府軍に与して、幕府軍側の備中松山藩の討伐に加わる。明治2年(1869年)6月23日、版籍奉還により岡田藩知事となり、明治4年(1871年)7月、廃藩置県により藩知事を免官となり、東京に移った。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


(English) Japan / English

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る