成羽藩/山崎家1万2千石:山崎治敏 幕末に藩領を見直され1万2千石あまりとなり再立藩した成羽藩【幕末維新写真館】

成羽藩/場所・アクセス・地図 山崎家1万2千石:山崎治敏 幕末に藩領を見直され1万2千石あまりとなり再立藩した成羽藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
成羽藩

【説明】
元和3年(1617年)、因幡若桜藩より「山崎家治」が3万石にて移封となり成羽藩が立藩される。それまで鶴首城を主城としていたが新たに成羽城を築き周辺の整備も行った。寛永15年(1638年)、家治は肥後富岡藩に1万石加増の上、転封となった。代わって寛永16年(1639年)、常陸下館藩より「水谷勝隆」が5万石で入封するも、寛永19年(1642年)備中松山藩に移り成羽藩は廃藩となった。

万治元年(1658年)初代藩主「山崎家治」の次男で分家の「山崎豊治」が交代寄合として5000石で入封し、慶応4年(1868年)、義厚の代に1万2746石に所領を見直され諸侯に列して再立藩した。明治4年(1871年)の「廃藩置県」で成羽県となり、深津県、小田県を経て岡山県に編入された。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る