鶴田藩/松平家2万8千石:松平武聰 旧浜田藩主松平武聰が長州藩に追われ飛地まで撤退して立藩【幕末維新写真館】

鶴田藩/場所・アクセス・地図 松平家2万8千石:松平武聰 旧浜田藩主松平武聰が長州藩に追われ飛地まで撤退して立藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
鶴田藩

【説明】
鶴田藩は幕末から明治初頭まで存在した藩で藩庁は鶴田陣屋に置かれた。慶応2年(1866年)の第二次長州征伐の際、長州藩の「大村益次郎」引きいる南園隊を中心とした長州軍に完敗して松江城に逃れた浜田藩主「松平武聰」は、浜田藩の飛び地であった美作国久米北条郡鶴田まで落ち延び、幕府より蔵米2万石を支給された。翌慶応3年(1867年)、美作国内に鶴田8千石に加え、新たに所領2万石を与えられ2万8千石で立藩した。

慶応4年(1868年)5月、新政府軍へ謝罪し家老一人を切腹させた鶴田藩は、これにより朝敵となることなく逆に新政府から加増を受け、最終的に6万1千石の石高となった。明治4年(1871年)、廃藩置県により鶴田県となり鶴田藩は廃藩となる。その後、北条県を経て岡山県に編入された。短期間存在した藩であったが陣屋門が現存する。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


(English) Japan / English

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る