美作勝山藩/三浦家2万3千石:三浦顕次 譜代大名だが佐幕同盟を脱して新政府に従った勝山藩【幕末維新写真館】

美作勝山藩/場所・アクセス・地図 三浦家2万3千石:三浦顕次 譜代大名だが佐幕同盟を脱して新政府に従った勝山藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
美作勝山藩

【説明】
明和元年(1764年)、譜代大名の「三浦明次」が三河国西尾藩より転封となり立藩された。真島郡内の96村と大庭郡内の1村を与えられ2万3千石で立藩だった。高田城を藩庁としたため当初は高田藩とも称されたが、しばらくして、高田城を勝山城に改称し勝山藩と称されるようになる。

2代藩主「矩次」は真庭郡新庄村にある鉄鉱山経営を奨励し財源確保に努め、幕末には鉄鉱山は藩営となった。幕末の藩主「三浦弘次」が病弱だったため、嫡男「三浦顕次」が第一次長州征伐・第二次長州征伐に出陣している。父は佐幕派だったが、顕次は勤皇派であり、慶応3年(1867年)には津山藩(松平慶倫)・備中松山藩(板倉勝静)との佐幕同盟から脱退している。

慶応4年(1868年)5月6日、父の隠居を受けて「三浦顕次」が正式に藩主となった。明治2年(1869年)の版籍奉還で藩知事となり、藩名を真島藩に改めた。明治4年(1871年)、廃藩置県により真島県となり、北条県を経て岡山県に編入された。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


(English) Japan / English

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る