林田藩/建部家1万石:建部増勤 いち早く新政府に従い姫路藩征伐に参戦した林田藩【幕末維新写真館】

林田藩/場所・アクセス・地図 建部家1万石:建部増勤 いち早く新政府に従い姫路藩征伐に参戦した林田藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
林田藩

【説明】
林田藩は豊臣秀吉の家臣で尼崎郡代700石であった「建部光重」の子「政長」が藩祖である。政長は「池田輝政」の養女を母とする池田氏の一族で「池田利隆」「忠継」兄弟が「大坂の役」で戦功を挙げ、元和元年(1615年)伯父の「池田重利」とともに摂津川辺郡・西成郡尼崎藩1万石を与えられ大名となった。そして、元和3年(1617年)、宗家である姫路藩主池田家の転封により林田に移り、林田藩が成立した。

建部氏は外様大名でありながら、幕府の要職を務め明治維新まで林田の地を治めた。歴代藩主の中には大番頭や伏見奉行、寺社奉行にもなった藩主もいる。7代藩主「政賢」は寛政6年(1794年)藩校「敬業館」を開いた。

慶応3年(1867年)12月20日、新政府が樹立されるとこの要請に応じて上洛する。明治元年(1868年)1月15日、新政府から華頂宮博経親王などの警備を命じられ、戊辰戦争では新政府側に与して姫路藩征伐軍に参加した。

林田藩は明治4年(1871年)の廃藩置県により林田県となり、その後姫路県、飾磨県を経て兵庫県に編入された。その後藩主家は明治17年(1884年)の華族令で子爵に叙された。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


(English) Japan / English

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る