丹南藩/高木家1万石:高木正坦 新政府の上京要請に応じて上洛し新政府軍に従った丹南藩【幕末維新写真館】

丹南藩/場所・アクセス・地図 高木家1万石:高木正坦 新政府の上京要請に応じて上洛し新政府軍に従った丹南藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
丹南藩

【説明】
藩祖の「高木正次」は、相模国・武蔵国・上総国・下総国及び近江国に9千石を領する徳川家の旗本だった。元和9年(1623年)に大坂定番に就任し1千石の加増を受け、河内国丹南郡22村に1万石を領する大名となった。2代正成の時に安房国・上総国に3千石が加増されたが、3代正弘の時に2人の弟に1千5百石ずつ分与して1万石に戻った。6代正陳の時、参勤交代を行わない定府大名となった。元禄12年(1699年)には所領の一部を下野国足利郡に移された。

8代正弼の時代の宝暦8年(1758年)には丹南郡の領地の一部を丹北郡、志紀郡に移された。12代正坦は慶応2年(1866年)、幕府領であった安宿部郡国分村(大阪府柏原市国分)で起きた一揆に対し幕府より鎮圧の命を受け出兵した。この出兵により江戸時代中期より困窮していた藩財政は、一層窮乏を極めた。

慶応4年(1868年)の新政府による上京要請を受けて上洛した。以降、新政府軍に属した。明治元年(1868年)には藩校「丹南学校」を開いた。明治2年(1869年)の版籍奉還とともに藩主家は華族に列し、明治4年(1871年)の廃藩置県により丹南県となった後、堺県を経て大阪府に編入された。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


(English) Japan / English

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る