谷川藩/桑山家1万石:桑山清晴 幕府の勘気を受けて廃藩 所領は本藩の御所藩が吸収【幕末維新写真館】

谷川藩/場所・アクセス・地図 桑山家1万石:桑山清晴 幕府の勘気を受けて廃藩 所領は本藩の御所藩が吸収【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
谷川藩

【説明】
慶長元年(1596年)、和歌山城代であった「桑山重晴」がそれまで治めていた4万石の所領のうち、2万石を嫡孫の「桑山一晴」に譲り、1万石を次男の「桑山元晴」に分与し、残りの1万石を自身が治めたことから谷川藩が立藩された。しかし慶長14年(1609年)、重晴の後を継いだ孫の「清晴」は幕府より勘気を被って蟄居となり、所領も大和御所藩主である父の元晴が継ぐこととなった。これにより谷川藩は廃藩となりその所領は御所藩に併合された。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


(English) Japan / English

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る