御牧藩/津田家1万3千石:津田信成 織田信長の一族で乱暴狼藉を家康に咎められ改易廃藩【幕末維新写真館】

御牧藩/場所・アクセス・地図 津田家1万3千石:津田信成 織田信長の一族で乱暴狼藉を家康に咎められ改易廃藩【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
御牧藩

【説明】
藩主家は織田氏庶流の津田氏である。「津田信成」は「織田信長」の一族で、信長没後は豊臣秀吉に仕えて山城御牧に1万3000石を領していた。秀吉没後は豊臣秀頼に仕えていたが、「関ヶ原の戦い」直前に「徳川家康」に接近して東軍に与し、戦功を挙げたために所領を安堵された。慶長12年(1607年)、美濃清水藩の「稲葉通重」と共に京都の祇園に赴いたとき、茶屋の女房をはじめ美女78人に乱暴狼藉を働き、これを家康に咎められ御牧藩は改易となった。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る