近江高島藩(大溝陣屋)/佐久間家2万石:佐久間安政 関ヶ原や大坂の陣の戦功で信濃飯山へ加増転封となり廃藩【幕末維新写真館】

近江高島藩(大溝陣屋)/場所・アクセス・地図 佐久間家2万石:佐久間安政 関ヶ原や大坂の陣の戦功で信濃飯山へ加増転封となり廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】
近江高島藩(大溝陣屋)

【説明】
佐久間安政は、織田信長のもとで「鬼玄蕃」の異名をとった武将「佐久間盛政」の弟である。盛政は柴田勝家に従い「賤ヶ岳の戦い」で羽柴秀吉に捕えられ首をはねられた。安政は信長や柴田勝家、そして兄の盛政死後、「豊臣秀吉」の家臣となり近江国内において7000石を領していた。慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」では家康率いる東軍に与して戦功を挙げたため、8000石を加増されて合計1万5000石を領する大名となった。

近江高島藩(大溝陣屋)/場所・アクセス・地図 佐久間家2万石:佐久間安政 関ヶ原や大坂の陣の戦功で信濃飯山へ加増転封となり廃藩【幕末維新写真館】

そして近江高島藩を立藩した。慶長12年(1607年)にはさらに常陸国5000石を加増され、「大坂の陣」でも家康に属して武功を挙げたため、さらに1万を加増の上で信濃国飯山藩3万石に移封された。近江高島の地は飯山藩の飛び地となったが、安政の孫である「佐久間安次」が寛永15年(1638年)に夭逝して佐久間氏は無嗣改易となり、近江高島も天領(幕府領)となった。

近江高島藩(大溝陣屋)/場所・アクセス・地図 佐久間家2万石:佐久間安政 関ヶ原や大坂の陣の戦功で信濃飯山へ加増転封となり廃藩【幕末維新写真館】

【場所・アクセス・地図】






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る