堅田藩/堀田家1万3千石:堀田正敦 藩政や城下町の整備に力を注いだが下野佐野へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

堅田藩/場所・アクセス・地図 堀田家1万3千石:堀田正敦 藩政や城下町の整備に力を注いだが下野佐野へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
堅田藩

【説明】
戦国時代、堅田は堅田水軍と呼ばれる水軍衆が存在し、安土城を本拠とする織田信長にとって堅田は重要な拠点だった。徳川家康が天下を統一すると、元禄11年(1698年)3月7日、下野国佐野藩主であった「堀田正高」が1万石で堅田に移封され堅田藩が立藩した。

藩政の基礎は初代藩主「正高」から第3代藩主「堀田正永」にかけて固められた。文化3年(1806年)には3,000石を加増され、1万3,000石の所領を領することとなった。第6代藩主「堀田正敦」は文政8年(1825年)4月に城主格に任じられたが、翌年10月10日に再び佐野へ移封となったため堅田藩は廃藩となった。堅田の所領のうち滋賀郡は佐野藩の飛び地として幕末まで続いた。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る