雲出藩/蒔田家1万石:蒔田広定 関ヶ原の戦いでは西軍に与したがほどなく許され備中浅尾藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

雲出藩/場所・アクセス・地図 蒔田家1万石:蒔田広定 関ヶ原の戦いでは西軍に与したがほどなく許され備中浅尾藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】
雲出藩

【説明】
雲出城は「豊臣秀吉」の家臣の「蒔田広定」が1万石の大名としてこの地を治めていた。慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」で石田三成の西軍に与した広定は、毛利秀元や吉川広家らと共に伊勢侵攻の一翼を担ったた。しかし西軍が9月15日の関ヶ原の戦い本戦で壊滅すると高野山に蟄居した。

しかし浅野長政・浅野幸長らの尽力もあって罪を許され本領を安堵された。慶長10年(1605年)、広定は備中国浅尾藩に移封され雲出藩は廃藩となり、所領は「富田信高」と「藤堂高虎」の津藩領となった。

【場所・アクセス・地図】






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る