青野藩/稲葉家1万2千石:稲葉正休 江戸城内で大老堀田正俊を刺殺したため改易の上で廃藩【幕末維新写真館】

青野藩/場所・アクセス・地図 稲葉家1万2千石:稲葉正休 江戸城内で大老堀田正俊を刺殺したため改易の上で廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】
青野藩

【説明】
元和4年(1618年)、「稲葉正成」の子「稲葉正次」が幕府に仕えて5000石を与えられた。寛永5年(1628年)5月に正次は死去し、嗣子の稲葉正能は幼少のため、弟の「稲葉正吉」が後を継いだ。明暦2年(1656年)12月に正吉の後を継いだ「稲葉正休」は、天和元年(1681年)7月に2000石を加増され、翌年3月には若年寄となった。

そして8月にも5000石を加増されて、合計1万2000石を領する大名となり青野藩が立藩された。しかし貞享元年(1684年)8月28日、正休は江戸城内で大老「堀田正俊」を刺殺し自らも殺害されてしまった。この事件により青野藩はお家断絶の上で廃藩となり所領は天領(幕府領)となった。

【場所・アクセス・地図】






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る