黒野藩/加藤家4万石:加藤貞泰 関ヶ原の戦いでは途中から東軍へ加担し家名を保ち最後は米子藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

黒野藩/場所・アクセス・地図 加藤家4万石:加藤貞泰 関ヶ原の戦いでは途中から東軍へ加担し家名を保ち最後は米子藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
黒野藩

【説明】
「豊臣秀吉」の家臣であった「加藤貞泰(加藤光泰の子)」は、文禄4年(1595年)に美濃黒野に4万石を与えられた。「関ヶ原の戦い」で貞泰は最初、西軍に与していたが途中から東軍に寝返り、本戦では「井伊直政」軍に属して活躍した。また、「長束正家」の居城である「近江水口城攻撃」でも戦功を挙げたため、戦後に所領を安堵され黒野藩が成立した。

貞泰は黒野城の築城や城下町の建設、楽市制度の導入や家老制度の整備などを行なって藩政の基礎を固めた。しかし慶長15年(1610年)7月15日に伯耆国米子藩6万石にて加増移封され、黒野藩は廃藩となった。一説によると貞泰が黒野藩主当時に長良川右岸の堤防整備を行った結果、長良川左岸の「加納城」が浸水したと、加納藩主「奥平信昌」の正室「亀姫」が父の「徳川家康」に讒言したからという説がある。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る