信濃中村藩/岩城家2万石:岩城吉隆 出羽亀田藩に加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

信濃中村藩/場所・アクセス・地図 岩城家2万石:岩城吉隆 出羽亀田藩に加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
信濃中村藩

【説明】
慶長19年(1614年)の「大坂の陣」で、「岩城貞隆」は本多正信の軍に属して功績を挙げたことから、元和2年(1616年)7月、「松平忠輝」が改易された後、その旧領のうちから1万石を与えられて信濃中村藩を立藩した。

元和6年(1620年)10月に貞隆は死去し、後を長男の「岩城吉隆」が継いだ。吉隆は元和8年(1622年)に出羽由利郡内において1万石を加増されて2万石の大名となった。翌年、吉隆は出羽亀田藩に藩庁を移し、信濃中村の領地も出羽国に替地されたため、信濃中村藩は廃藩となり、岩城氏は亀田藩2万石として明治維新まで続いた。

なお「岩城吉隆」は後に「佐竹義宣」の養子となり「佐竹義隆」と改名して久保田藩第2代藩主となった。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る