長沼藩/佐久間家1万8千石:佐久間盛遠 仮病で出仕しなかった罪で改易された長沼藩【幕末維新写真館】

長沼藩/場所・アクセス・地図 佐久間家1万8千石:佐久間盛遠 仮病で出仕しなかった罪で改易された長沼藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
長沼藩

【説明】
元和元年(1615年)、「大坂の陣」の戦功により「佐久間勝之」が1万8千石で入封する。 寛永11年(1634年)に勝之は死去し、その跡を次男の「佐久間勝友」が継いだ。このとき、勝友は長兄勝年の子「佐久間勝盛」に5千石を分与してた。勝友の死後は長男の「佐久間勝豊」が継ぎ、このとき3千石を弟の「佐久間勝興」に分与している。

勝豊の跡は養嗣子の「佐久間勝親(秋月種信の五男)」が継いだ。勝親は貞享5年(1688年)に御側小姓に任じられたが、病と偽って出仕しなかったことを咎められて改易され、その身は「丹羽長次」に預けられた。これにより長沼藩は廃藩となった。なお、勝友の甥の「佐久間盛遠」が佐久間勝興の養子となり、家督を相続し200俵高の幕臣となった。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


(English) Japan / English

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る