飯山藩/本多家2万石:本多助寵 旧幕府軍の衝鋒隊に城下を席捲された飯山藩【幕末維新写真館】

飯山藩/場所・アクセス・地図 本多家2万石:本多助寵 旧幕府軍の衝鋒隊に城下を席捲された飯山藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
飯山藩

【説明】
慶長8年(1603年)、「松平忠輝」が北信濃4郡を支配したとき、その付属大名である「皆川広照」が4万石で飯山に入ったことが、飯山藩の始まりである。享保2年(1717年)に「青山幸秀」が丹後宮津藩に移封され、代わって越後糸魚川藩より「本多助芳」が2万石で入封する。助芳は1万石の加増を受けて2万石になったが、実質的には千曲川の水害のために糸魚川1万石よりも収入が少なかった。

飯山藩/場所・アクセス・地図 本多家2万石:本多助寵 旧幕府軍の衝鋒隊に城下を席捲された飯山藩【幕末維新写真館】

このため、享保9年(1724年)に替え地が用意された。また藩領を城下・外様組・川辺組・山之内組に分けて支配した。明治元年(1868年)の「戊辰戦争」では、越後高田藩から旧幕府軍の「衝鋒隊」が飯山藩領内に侵入し城下は戦火に見舞われた。

飯山藩/場所・アクセス・地図 本多家2万石:本多助寵 旧幕府軍の衝鋒隊に城下を席捲された飯山藩【幕末維新写真館】

その後は「北越戦争」や「会津戦争」に参戦した。翌年、第9代藩主「本多助寵」は「版籍奉還」により飯山藩知事となり、明治4年(1871年)の「廃藩置県」により、飯山藩は廃藩。同年末には長野県に編入された。

飯山藩/場所・アクセス・地図 本多家2万石:本多助寵 旧幕府軍の衝鋒隊に城下を席捲された飯山藩【幕末維新写真館】

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る