小浜藩/酒井家10万3千石:酒井忠義 鳥羽・伏見の戦いの敗戦以降新政府軍に恭順した小浜藩【幕末維新写真館】

小浜藩/場所・アクセス・地図 酒井家10万3千石:酒井忠義 鳥羽・伏見の戦いの敗戦以降新政府軍に恭順した小浜藩【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
小浜藩

【説明】
幕末期、最後の小浜藩主となった「酒井忠義」は京都所司代として活躍した。井伊直弼に協力して「安政の大獄」を積極的に推し進め、和宮降嫁や公武合体、武田耕雲斎(藤田小四郎)率いる「天狗党の乱」鎮圧などで活躍した。慶応4年(1868年)の「戊辰戦争」では、旧幕府軍に与して「鳥羽・伏見の戦い」を新政府軍と戦ったが敗れて降伏。その後、小浜藩は新政府より「北陸道鎮撫使」の先鋒を命じられ、奥羽まで転戦した。

小浜藩/場所・アクセス・地図 酒井家10万3千石:酒井忠義 鳥羽・伏見の戦いの敗戦以降新政府軍に恭順した小浜藩【幕末維新写真館】

明治2年(1869年)の「版籍奉還」で酒井忠禄は小浜藩知事となり、明治4年(1871年)7月の「廃藩置県」で小浜県となる。同年11月には敦賀県となり、明治9年(1876年)に滋賀県に編入され、明治14年(1881年)には福井県に編入された。

小浜藩/場所・アクセス・地図 酒井家10万3千石:酒井忠義 鳥羽・伏見の戦いの敗戦以降新政府軍に恭順した小浜藩【幕末維新写真館】

「解体新書」で有名な医師「杉田玄白」は小浜藩の藩医であった。杉田玄白記念公立小浜病院が小浜城跡近くに設立されている。

小浜藩/場所・アクセス・地図 酒井家10万3千石:酒井忠義 鳥羽・伏見の戦いの敗戦以降新政府軍に恭順した小浜藩【幕末維新写真館】

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る