高森藩/松平家2万石:松平宗胡 無嗣断絶のため廃藩【幕末維新写真館】

高森藩/場所・アクセス・地図 松平家2万石:松平宗胡 無嗣断絶のため廃藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
高森藩

【説明】
元禄10年(1697年)3月、紀州藩主「徳川光貞」の三男の「松平頼職」が3万石を分与されて高森藩が立藩された。しかし宝永2年(1705年)6月、本家を継いだ「徳川綱教」が嗣子なく死去したため、頼職が家督を継ぐこととなった。高森藩3万石のうち2万石は遠州浜松藩主「松平資俊」の次男「松平宗長」を高森藩当主として迎え分与し、1万石は頼職の弟「松平頼方(のちの徳川吉宗)」に与えられた。

宝永6年(1709年)12月、宗長の跡を養子である「松平宗胡」が跡を継いだが、正徳元年(1711年)11月に嗣子なく死去して無嗣断絶し高森藩は廃藩となった。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る