丸岡藩/有馬家5万石:有馬道純 いち早く新政府軍に恭順して家名を保った丸岡藩【幕末維新写真館】

丸岡藩/場所・アクセス・地図 有馬家5万石:有馬道純 いち早く新政府軍に恭順して家名を保った丸岡藩【幕末維新写真館】
4/5 (1)

【藩名】
丸岡藩

【説明】
丸岡城は戦国時代には「織田信長」の武将「柴田勝家」の養子「柴田勝豊」が治めていた。元禄8年(1695年)に譜代大名の本多家が幕命により改易されると、代わって戦国時代にキリシタン大名で有名だった「有馬晴信」の曾孫「有馬清純」が越後糸魚川藩から5万石で入封する。

丸岡藩/場所・アクセス・地図 有馬家5万石:有馬道純 いち早く新政府軍に恭順して家名を保った丸岡藩【幕末維新写真館】

丸岡藩/場所・アクセス・地図 有馬家5万石:有馬道純 いち早く新政府軍に恭順して家名を保った丸岡藩【幕末維新写真館】

第2代藩主「有馬一準」の時代になると外様大名から譜代大名へ格上げされた。慶応4年(1868年)には新政府にいち早く恭順したため家名を保った。明治2年(1869年)6月、幕末の当主「有馬道純」は「版籍奉還」により丸岡藩知事となり、明治4年(1871年)9月の「廃藩置県」により丸岡藩は廃藩となった。

丸岡藩/場所・アクセス・地図 有馬家5万石:有馬道純 いち早く新政府軍に恭順して家名を保った丸岡藩【幕末維新写真館】

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る