能登下村藩/鳥居家1万石:鳥居忠英 近江水口藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

能登下村藩/場所・アクセス・地図 鳥居家1万石:鳥居忠英 近江水口藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
能登下村藩

【説明】
元禄2年(1689年)6月、信濃国高遠藩主「鳥居忠則」の家臣「高坂権兵衛」は江戸城の馬場先門の守衛を務めていた際に、他の幕臣との間で不手際を犯し捕縛された。藩士の監督不届きを理由に主家である鳥居家は改易となる。

しかし、鳥居家は「鳥居元忠」以来の三河の名族であるという理由で、特別の計らいとして「鳥居忠英」に能登国内の内、鹿島・珠洲・鳳至・羽咋四郡1万石を与えて能登下村藩を立藩させた。元禄8年(1695年)5月、忠英が近江水口藩に1万石加増の上で転封されたため、能登下村藩はわずか6年で廃藩となり、その所領は天領となった。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る