布市藩/土方家1万石:土方雄久 前田利長との領地交換により石崎藩を立藩し廃藩【幕末維新写真館】

布市藩/場所・アクセス・地図 土方家1万石:土方雄久 前田利長との領地交換により石崎藩を立藩し廃藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
布市藩

【説明】
慶長5年(1600年)に勃発した「関ヶ原の戦い」後、「土方雄久」が「徳川家康」から越中国新川郡に1万石を与えられ布市藩を立藩した。富山市布市の興国寺前の「殿方屋敷」または富山市陀羅尼寺(現在の富山市上栄)の「矢竹藪」が陣屋跡とされている。

慶長13年(1608年)、雄久の従兄弟である「前田利長」が能登国石崎ほか1万3千石の散在した所領との交換を持ちかけ、幕府の許しを得て雄久は能登に移り石崎藩を立藩した。そのため布市藩は僅か8年間で廃藩となった。土方家はその後、下総田子藩、陸奥窪田藩へ移封となり、貞享年間に御家騒動で改易された。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る