沢海藩(新発田藩支藩)/溝口家1万石:溝口政親 素行の悪さから改易・廃藩【幕末維新写真館】

沢海藩(新発田藩支藩)/場所・アクセス・地図 溝口家1万石:溝口政親 素行の悪さから改易・廃藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
沢海藩(新発田藩支藩)

【説明】
沢海藩の藩祖は新発田藩藩祖「溝口秀勝」の次男「溝口善勝」である。善勝は秀勝に早くから5000石を与えられ、慶長14年(1609年)には幕府から上野国内に2000石を与えられていた。翌年、父の死により改めて1万2000石を「新発田藩」より分与され、1万4000石を領する大名となって「沢海藩」を立藩した。

善勝は「大坂の陣」で本家とは別行動をとって功を挙げ、その後も徳川幕府に仕えて活躍したが、寛永11年(1634年)に51歳で死去した。家督は長男の「溝口政勝」が継いだが、このとき弟達にそれぞれ分与があったため「沢海藩」の所領は1万石となった。寛文10年(1670年)に政勝が死去すると、家督は長男の政良が継いだ。政良は新田開発、藩政の整備などに尽力したが、天和3年(1683年)に死去した。

越後沢海藩第4代藩主「溝口政親(加藤明友の次男)」の時、百姓に対して過酷な重税を行い、酒に溺れては狂乱に陥る振舞いがあったため、貞享4年(1687年)8月、所領を没収されて兄の「加藤明英」の江戸藩邸で謹慎を命じられ沢海藩は廃藩となった。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る