三条藩/稲垣家2万3千石:稲垣重綱 三河国刈谷藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

三条藩/場所・アクセス・地図 稲垣家2万3千石:稲垣重綱 三河国刈谷藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
三条藩

【説明】
慶長3年(1598年)、「堀秀治」が越後に入部したとき、三条にはその重臣「堀直政」が入城した。しかし慶長15年(1610年)、直政嫡男の「堀直清」の代に僧侶を殺害したとして改易になる。

その後、慶長17年(1612年)に松平忠輝の家老として「松平重勝」が2万石で入封する。しかし元和2年(1616年)7月に忠輝が改易されたため、重勝は「関宿藩」に移り、外様の「市橋長勝」が4万1300石で三条に入部した。長勝は三条城の築城や城下町の建設、新田開発や伝馬制度の設立などに尽力したが、元和6年(1620年)3月17日に死去した。

長勝には嗣子がなく、甥の「市橋長政」が2万石に減封されることで跡目相続を許された。長政は同年5月に近江国「仁正寺藩」に移封となり、代わって越後国「藤井藩」より譜代の「稲垣重綱」が2万3000石で入封する。重綱は検地などを行なって藩政を固めようとしたが、元和9年(1623年)に大坂城番となって転出し、さらに慶安4年(1651年)には三河国「刈谷藩」へ移されたため、三条藩は廃されて幕府領(天領)となった。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る