高柳藩(首城藩)/丹羽家1万石:丹羽薫氏 播磨三草藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

高柳藩(首城藩)/場所・アクセス・地図 丹羽家1万石:丹羽薫氏 播磨三草藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
高柳藩(首城藩)

【説明】
高柳藩は、江戸時代中期に越後国に存在した藩で首城藩とも呼ばれている。美濃国岩村藩5代藩主「丹羽氏音」は、幕府よりお家騒動を咎められ、2万石から1万石に知行半減の上で元禄15年(1702年)に越後国頸城郡高柳(現在の新潟県妙高市高柳)に移封となった。

この時丹羽氏は城主大名から無城大名へと没落しさらに参勤交代を行わない定府大名に降格となった。その後高柳藩は播磨三草藩へ移封のため廃藩となる。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る