三根山藩(長岡藩支藩)/牧野家1万1千石:牧野忠泰 宗家長岡藩の落城により恭順【幕末維新写真館】

三根山藩(長岡藩支藩)/場所・アクセス・地図 牧野家1万1千石:牧野忠泰 宗家長岡藩の落城により恭順【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
三根山藩(長岡藩支藩)

【説明】
幕末の1863年(文久2年)、三根山藩主「牧野忠泰」は開墾した新田分5千石を新たに打ち出し、高直しにより11,000石となり「三根山藩」を立藩した。三根山藩は「参勤交代」を行わない定府大名(常に江戸屋敷で政務をとること)となった。藩庁は「三根山陣屋」に置かれた。また、藩校入徳館を開校し文武の教育にも力を入れた。

戊辰戦争では宗藩「長岡藩」に近い立場をとるが、新潟港や長岡藩が相次いで陥落すると新政府軍に恭順し、そのまま新政府軍の「庄内藩征伐」に出兵した。明治3年(1870年)、藩名が丹後峰山藩と同音のため「嶺岡藩」と改めさせられる。翌明治4年(1871年)には「廃藩置県」にて嶺岡県となり、同年中に新潟県に併合された。

なお、三根山藩の宗藩「長岡藩」は北越戊辰戦争敗戦後に極度の食糧不足に陥ったため、急遽三根山藩が100俵ほどの義援米を送り届けたが、その義援米の扱いをめぐって長岡藩が人材育成を優先したことが、後に戯曲化されて「米百俵」の美談として世に知られるようになった。

※米百俵の精神
長岡藩の文武総督であった「小林虎三郎」は三根山藩からの義援米100俵を藩士に分け与えるのではなく、今こそ教育による人材育成が必要と訴え「国漢学校」を長岡の坂之上町に開校させた。その後、洋学局や医学局も設置され優秀な人材を育てた。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る