徳美藩/伊丹家3万5千石:伊丹勝守 藩主自刃のため領地没収の上改易・廃藩【幕末維新写真館】

徳美藩/場所・アクセス・地図 伊丹家3万5千石:伊丹勝守 藩主自刃のため領地没収の上改易・廃藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
徳美藩

【説明】
寛永10年(1633年)2月、武田遺臣でもある幕臣「伊丹康勝」は下総国相馬郡の内にあった9,000石の所領から甲斐山梨郡3,000石を加増されて1万2,000石を領する大名となり、甲府城番を兼ねた。康勝の所領である山梨郡栗原筋三日市場村の十組屋敷(山梨県甲州市塩山三日市場)に陣屋が設置されて「徳美藩」が立藩される。

元禄4年(1691年)の当主「伊丹勝守」は、元禄11年(1698年)9月に江戸城内で自殺。記録によると「勝守、26歳で失心しそのまま厠にて自害する。よって領地没収となる」と記載されている。これにより「徳美藩」は4代をもって改易となり所領は没収の上、廃藩となった。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る