甲府藩/柳沢家15万石:柳沢吉里 大和国郡山藩へ移封のため幕府城代が置かれた甲府城【幕末維新写真館】

甲府藩/場所・アクセス・地図 柳沢家15万石:柳沢吉里 大和国郡山藩へ移封のため幕府城代が置かれた甲府城【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
甲府藩

【説明】
将軍綱吉政権下で有力となった側用人「柳沢吉保」が15万石で甲府藩に入封する。甲斐城には将軍の一族以外が入るという前例は無く、異例中の異例であり、それだけ将軍からの信任を得ていたことになる。

甲府藩/柳沢家15万石:柳沢吉里 大和国郡山藩へ移封のため幕府城代が置かれた甲府城【幕末維新写真館】

「柳沢吉保」隠居後は、吉保の長男「柳沢吉里」が家督を継ぐが、享保9年(1724年)大和国郡山藩に移封となり甲府藩は廃藩。以後、甲斐城は「甲府勤番」の支配となり天領となった。幕末の動乱期に入ると甲府勤番を廃止し「甲府城代」を設置した。

戊辰戦争では東山道鎮撫使参謀「板垣退助」率いる土佐藩を中心とした新政府軍と、近藤勇や土方歳三率いる「甲陽鎮撫隊」との間で戦があり(甲州勝沼の戦い)、近藤らは板垣退助に惨敗し江戸へと退却する。甲府城は新政府軍が奪取し、そのまま明治時代を迎えた。

甲府藩/柳沢家15万石:柳沢吉里 大和国郡山藩へ移封のため幕府城代が置かれた甲府城【幕末維新写真館】

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る