船形藩/平岡家1万石:平岡道弘 版籍奉還に先だって自ら廃藩【幕末維新写真館】

船形藩/場所・アクセス・地図 平岡家1万石:平岡道弘 版籍奉還に先だって自ら廃藩【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
船形藩

【説明】
元治元年(1864年)10月、「平岡道弘」は加増を受けて1万石の大名に列し「船形藩」が立藩された。翌、慶応元年(1865年)には船形村で陣屋建設を開始している。

明治元年(1868年)2月、道弘は江戸城を退去する「徳川慶喜」に随身した。7月には領地を安房上総監察兼知県事「柴山文平」へと引き渡し「版籍奉還」に先立って自ら廃藩となった。その後道弘は徳川将軍家に従い、静岡藩大参事(家老)となっている。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る