喜多見藩/喜多見家2万:喜多見重勝 一族の刃傷沙汰に連座して改易の上廃藩【幕末維新写真館】

喜多見藩/場所・アクセス・地図 喜多見家2万:喜多見重勝 一族の刃傷沙汰に連座して改易の上廃藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
喜多見藩

【説明】
天正18年(1590年)の「小田原征伐」で北条氏が敗北すると、「江戸勝忠」は「徳川家康」の家臣となり、姓を喜多見に改め、以降は喜多見勝忠と名乗った。貞享2年(1685年)に将軍の側用人となり、翌貞享3年(1686年)には、河内・武蔵国内において1万石を加増されて合計2万石の大名となっった。これにより武蔵喜多見(現在の東京都世田谷区喜多見)に「喜多見藩」を立藩した。

元禄2年(1689年)2月に突然の改易にあい喜多見藩は廃藩となる。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る