一宮藩/加納家1万3千石:加納久宜 幕末時は新政府軍に恭順した一宮藩【幕末維新写真館】

一宮藩/場所・アクセス・地図 加納家1万3千石:加納久宜 幕末時は新政府軍に恭順した一宮藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
上総一宮藩

【説明】
第4代藩主「加納久宜」は「戊辰戦争」のとき、新政府側に与した。当初は鳥羽伏見の戦いに参戦するため海路京都へと向かったが、途中大時化にあい断念した。明治2年(1869年)の「版籍奉還」で久宜は一宮藩知事となり、明治4年(1871年)の「廃藩置県」で一宮藩は廃藩となり一宮県となった。

一宮藩/場所・アクセス・地図 加納家1万3千石:加納久宜 幕末時は新政府軍に恭順した一宮藩【幕末維新写真館】

さらに11月には「木更津県」を経て千葉県に編入された。最後の藩主となった「加納久宜」は後に一宮町長となり、その子「加納久朗」は戦後に千葉県知事を務めている。一宮陣屋跡の遺構は大手門の模擬門が残るのみである。

一宮藩/場所・アクセス・地図 加納家1万3千石:加納久宜 幕末時は新政府軍に恭順した一宮藩【幕末維新写真館】

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る